The tomb and the women

服装やお供え物

visiting the grave

こちらも必ず執り行うことになる納骨式ですが、まずは服装マナーから気をつけていかなければいけません。納骨式というのはけして適当な私服で臨まないこと。恥ずかしいめに合わない為にもしっかり覚えておきましょうね。納骨式の服装としてはやはり喪服または略式喪服が当たり前だと言えるでしょう。いわゆる黒色の服装になります。男性は黒いスーツで整え、女性は黒いスーツかワンピースを着る。そして暑くても肌の露出は避けるようにし、光沢のある小物などは絶対に身につけないこと。例えば持参するバッグや、靴なども光沢のないような物で揃えておきましょう。ちなみに子供の場合も同様で、もし黒い制服が無いのであれば紺色や暗いグレーのブラウスなどを着用させます。そして納骨式で実際に必要となるお供え物についてですが、これは納骨式のみを執り行う場合には特に決まりはなく、故人が好きだった物を入れるのが一般的です。ただ開眼法要と合わせて納骨式をやる場合には、お花や海の物や山の物といった物を供えるのが主流になります。ちなみに地域や宗教、そしてお寺によっても内容が微妙に異なるので、事前に確認することが必要です。では参列者は何を持参すれば良いのか?やはり御供物料が一般的とされていますが、中にはお品物を持参されるパターンもありますね。お品物の場合はお菓子やお花といった物になりますが、お菓子は参列者で分けて持ち帰ることになるので、個別包装になった物がベストです。特に和菓子や焼き菓子が定番となっております。